メールマガジン 数字で見るイタリアの常識・非常識
イタリアを取り巻く色々な数字で
この不思議の国を大解剖
「とっさのイタリア語」などもあり
イタリアに興味のある人なら
きっと楽しんでもらえるはず
発行周期 毎週火曜日
HOME
バックナンバー 創刊号
01から05
06から10
11から15
16から20
21から25
26から30



数字で見るイタリアの常識・非常識 (マガジンID:0000113446)
メールマガジン登録
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:
Powered by まぐまぐ



創刊号
□■□■――――――――――――――――――――――――――――□■□■
vol.1 01.07.2003
毎週火曜日発行
         +++++数字で見るイタリアの常識・非常識+++++
       〜ALBERO4 イタリア・フィレンツェから気侭な情報発信〜
           http://www.albero4neo.firenze.net
□■□■――――――――――――――――――――――――――――□■□■

 イタリアは連日40度の暑さです。
 脳みそ煮えながら、オマタは何とかメルマガ書いています。



   ▽▲▽ INDEX ▽▲▽
  【1】今週のイタリアンな数字……イタリア版長者番付
  【2】「とっさのイタリア語」……『Beato te !』
  【3】イタリア散歩……予告
  【4】イタリアの今を遊ぶ……フィレンツェの二階建てバス
  【5】ご挨拶……
 ────────────────────────────────────

  ※このメールマガジンの配信停止をご希望の方は巻末をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】今週のイタリアンな数字
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   +-+-+イタリア版長者番付(スポーツ界)+-+-+

  10,000,000Euro (10Milioni Euro): ディエチミリオーニ エウロ
  日本円にしたら 1400000000 つまり14億円くらい

 これは若きイタリアのヒーロー、モトグランプリのドライバー
 ヴァレンティーノ・ロッシ(Valentino Rossi)が稼ぎ出す金額です。
 ホンダのバイクに乗って華麗で大胆なレースを展開する24歳。
 まだまだ様々な可能性を秘めているので、これからも楽しみです。
 一説ではシューミーの後釜でF1・フェッラーリに乗るとか乗らないとか。
 ちなみに内訳は契約金とスポンサーからのお給料。

   *−*−*2位以下は次の通り (単位はいずれもユーロ)*−*−*
    Alessandro del Piero   (9,500,000)  サッカー選手
    Christian Vieri      (9,300,000)  サッカー選手
    Jarno Trulli        (8,000,000)  F1ドライバー
    Giancarlo Fisichella    (7,500,000)  F1ドライバー
    Francesco Totti      (7,300,000)  サッカー選手
    Fabio Cannavaro      (6,000,000)  サッカー選手
    Paolo Maldini       (6,000,000)  サッカー選手
    Filippo Inzaghi      (6,000,000)  サッカー選手
    Max Biaggi         (5,000,000)  モト・ドライバー

  日本でもお馴染みの顔ぶれですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】「とっさのイタリア語」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  このコーナーではオマタの友人「なおこっち」のかねてからの要望を
  ついに実現させることになりました。
  「なおこっち」の要望それこそが「とっさのイタリア語」
   (命名者も「なおこっち」)。

  住んでみると『とっさ』にナイスなイタリア語が出てこなくて
  苦労することもよくあるもので、
  後になって「あ、あの時こう言っておけばよかったよなぁ」なんて
  8年も暮らしていながら思ったりすることがあるわけです。
  普通の暮らしの中でオマタが思いついた単語を
  ひとつずつ紹介していくコーナー。



   ○●○第1回『Beato te !』 「ついてるじゃん!」○●○

   これは実はすっごい皮肉をこめて、
   もしくは羨望のまなざしで言うことのほうが多いことば。

   Beatoは形容詞なので、イタリア語の規則にのっとって
   単数・複数・男性形・女性形で4つに形が変化します。
     Beato/Beata/Beati/Beate
     意味は「とってもとっても幸せな」
   そのあとに続いているteは「おまえ、君」
   このことばの向けられる相手によって置き換えができます。
     「彼」なら Beato lui
     「彼女」 なら Beata lei
     「マルコとフィリッポ」なら Beati Marco e Filippo

 ある日のオマタと偽アンディの会話:
  オマタ「暑いよねぇ。毎日。」
  偽アンディ「うん。ところでバウバウは?」
  オマタ「ご飯食べてお散歩行ったから日陰でスヤスヤしているよ。」
  偽アンディ「Oh, Beato Lui」

 *この場合、「ついてるじゃん、あいつ!」のことばの裏に
 「うらやましいぜ、そんな生活」という気持ちがひしひしと感じられるわけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】イタリア散歩
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  このコーナーではオマタが気まぐれに選んで見に行く展覧会や教会・美術館
  もしくは旅行先での出来事をポツポツ書いていく予定。
  オマタの棲息地であるフィレンツェが中心になること必至。

  旅行のときの役に立てるかどうかは不明・・・。


  -*-*-*-7日からカプリ島行が決まっているので、次回はカプリ島の話。-*-*-*-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】イタリアの今を遊ぶ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  このコーナーではオマタがそこらへんで収集したイタリアの情報を紹介。

   ○●○第一回○●○

 フィレンツェにも「観光二階建てバス就航」
 6月からフィレンツェ市内に赤い2階建ての派手なバスがお目見え。
 2階建てとは言っても2階部分はデッキなので屋根はなし、風は吹きます。
 この太陽燦燦の真夏には日焼け覚悟で乗らないといけません。
 24時間乗り放題で20ユーロ(2800円くらい)が高いのか安いのかは
 皆さんの判断にお任せしますが、住んでいるものにとっては高い!!です。

 フィレンツェ中央駅東側のバス用プラットホームから30分毎に運行しています。


 ↓↓詳しくは↓↓
 http://www.city-sightseeing.com/index2.htm

 フィレンツェの主要観光ポイントを網羅していて、
 しかも乗り降り自由なので(でもちゃんと停留所で乗降してください)
 手短にぱぱっと観光して概要をつかみたい人にはお勧めです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 神のお告げを受けて「イタリアに行くぞ、おぅ」と心に決めてから
 早くも20年の月日が流れ…。
 いろんな人に助けられ、あの手この手で
 まんまとイタリアでの生活を始めたオマタ。
 イタリア生活も2003年9月でいよいよ9年目に突入。
 満を持して!!なのかどうかは疑問ではありますが、
 とにかくメルマガ発行する運びとなりましたので
  どうぞよろしくお願いいたします。

 どのコーナーの記事も私の目線で書いています。
 イタリア語の知識に関してはまだまだ未熟者ですし、
 ここで紹介するものだけが正しい使い方ではありませんので
 何か気がついた方、こんな言い方もあるよぉというメールは大歓迎です。
 それ以外にもいろんな励ましや激励のメールはこちらまで。
                      albero4neo@firenze.net



□■□■――――――――――――――――――――――――――――――□■□■

 【発行者】ALBERO4 オマタ  albero4neo@firenze.net 
 【ホームページ】 http://www.albero4neo.firenze.net
 【退会URL】 http://www12.ocn.ne.jp/~albero4/rivista.html

□■□■――――――――――――――――――――――――――――――□■□■


□■□■――――――――――――□■―――□■―――――――――――□■□■
■□   Copyright(c)2003 ALBERO4 All Rights Reserved       ■□
□■   ここに掲載されているものに関しては              □■
■□   一応オマタの知的財産権を放棄してはおりません。        ■□
□■   無断転載・再配布はご遠慮ください。              □■
■□   (ご一報いただければ喜んで提供させていただきます)      ■□
□■□■――――――――――――□■―――□■―――――――――――□■□■