Chiesa di orsanmichele
オルサンミケーレ教会
フィレンツェの街の中心
ドゥオーモとシニョーリア広場を結ぶ
カルツァイウォーリ通り(Via Calzaiuoli)に面した教会

そのあたりは昔は耕作地(orto)で
その場所には8世紀頃までは
サン・ミケーレ・イン・オルト祈祷所があり
それが今の教会の名前の名残

Arnolfo di Cambio(アルノルフォ・ディ・カンビオ)によって
1290年に小麦粉市場として使う開廊を建築
その後1304年に消失

1337年にその跡地に現存建物の元となる建物の建築開始
アルノルフォ・ディ・カンビオの時代よりも大きな開廊が完成
この建築に携わっているのは
Francesco Talenti(フランチェスコ・タレンティ)
Neri di Fioravante(ネーリ・ディ・フィオラヴァンテ)
Benci di Cione(ベンチ・ディ・チョーネ)など

1380年には小麦粉倉庫を拡大するために上階部分を増築
この上層階に緊急時用の小麦粉を保管

地階部分に残るアーチは1200年代の様式で
古い開廊の名残が見られます
ばあちゃる・フィレンツェのもくじはこちら
(クリックすると別ウィンドーが開きます)
カルツァイウォーリ通りから一本西の
Via Arte della Lana(アルテ・デッラ・ラーナ通り)に
教会付属美術館の入り口があります
少し薄暗い裏通りという感じですが
あちこちに13世紀頃の風情を残しています
毛織物組合(Arte della Lana)の紋章→
Via Arte della Lanaをはさんで
向かい合った建物から渡り廊下で
教会の上階にある美術館へ
渡り廊下からの眺め 美術館の窓からドゥオーモを望む 渡り廊下からの眺め
教会内部の柱には
長方形の穴が開いています
←上階の柱の部分→

これは上階の倉庫から
柱を通して小麦粉を流した形跡
外壁面をぐるりと飾っているのは大理石やブロンズの像
現在置かれているのは全てコピーで
オリジナルは教会上階の美術館とバルジェッロ博物館に収蔵
この彫像はそれぞれ同業組合(Arte:アルテ)の守護聖人をかたどったもので
全部で14個あります
作品はいずれも1400年代初めから1600年代にかけて作られたもので
Verrocchio(ヴェロッキオ)の「洗礼者ヨハネ」と「聖トンマーゾの不信」
Giambologna(ジャンボローニャ)の「聖ルカ」
Donatello(ドナテッロ)の「王女を救出するサン・ジョルジョ」
Luca della Robbia(ツカ・デラ・ロッビア)の「聖母子像」など
San Giorgio
Donatello(ドナテッロ)
I Santi quattro coronati
14体のうち唯一四つの像が押し込まれたニッキア
San Givanni battista
Verocchio(ヴェロッキオ)

洗礼を受けるイエスキリストの
右足がはみ出したダイナミックな構図
教会内部には小麦粉倉庫だった形跡があちこちに見られます
当時小麦粉の量を測るのに使われていた
計量カップをモチーフにした飾り↑
美しいフレスコ画で飾られた天井には
ところどころに鉄の輪がついています
麻袋に入った小麦粉を移動させるのに
てこの原理を利用していた形跡らしい
上層階の穴から落とした小麦粉が出てくる
地階の受け口
教会内部はかつて小麦粉市場だったとは思えない美しさ
14世紀のフレスコ画で天井・柱・壁の一部が装飾されています
天井部については1398年から1399年にかけて
Franco Sacchetti(フランコ・サッケッティ)の偶像崇拝計画に基づいて装飾
題材は旧約聖書・新約聖書から
ステンドグラスは1300年代後半のもので
Niccolo di Pietro Tedesco(ニッコロ・ディ・ピエトロ・テデスコ)作
題材は聖母マリアの奇跡
Bernardo Daddi(ベルナルド・ダッディ)の
「聖母子像」 (1347年)は
オルカーニャのタベルナーコロに
組み込まれています
Andrea Orcagna(アンドレア・オルカーニャ)の
大理石のタベルナーコロは1355年から1359年の作品
これは非常に手の込んだ作品で一見の価値あり
実は一つの小さな建物のようになっていて
中に人がかろうじて入ることもできます
その昔は街の人の寄付金や恵みがここに投じられ
それを回収するために人が中に入ったのだそうですが
もちろん今はそのような使われ方はしていません