美しきイタリア
AFFASCINANTE ITALIA
シエナ編(SIENA

シエナはフィレンツェから約70キロ。トスカーナの緑の台地の中に築かれた街。レンガ色のきれいな屋根の色は周囲の緑と抜群のハーモニーを醸し出しています。中世の都市として有名なこの街は歴史的に常にフィレンツェのライバルでもありつづけ、その経済力はかなりのもの。今でもシエナの人口の大半は銀行関係の仕事をしていると皮肉られるほど。最盛期の13〜14世紀にかけて建てられた建築物がそのまま残っていて不思議な雰囲気を感じさせてくれます。街の誇りでもあるカンポ広場を中心に南東方向にPORTA ROMANA(ロマーナ門)、南西方向にPORTA S.MARCO(サン・マルコ門)そして北にPORTA CAMOLLA(カモッラ門)を繋いで逆Y字型をした街は1日かけてゆっくり散策できます。
電車でアクセスすることもできますが、フィレンツェからバスの方が便利な気がします。フィレンツェ中央駅の西側にあるSITA社のターミナルからほぼ1時間に1本の割合でバス(11000リラ・1時間15分)が出ています。シエナの街ではS.DOMENICO(サン・ドメニコ教会)前につきます。そこからは徒歩で中心街まで10分もかかりません。

そして、今回はシエナからモンテプルチャーノへも足を伸ばしました。こっちはなんで有名かといえば、ワイン。トスカーナの赤ワインは日本でもかなり有名になったので、ご存知の方も多いでしょうね。ちょっと便が悪いのですが、シエナからはバス(8000リラ・2時間)で行くことができます。モンテプルチャーノ行きのバスはTRA-IN社でS.DOMENICO(サン・ドメニコ教会)の前から出ています。(ただし、早朝7時を逃すと次は13時という便の悪さ。)モンテプルチャーノまではのどかなトスカーナの田園風景を楽しめます。勿論ブドウ畑が次々現れるので、これからワインを手に入れるという人には嬉しい限りですね。モンテプルチャーのPORTA AL PRATO(プラート門)の下にバスがつきます。街自体は本当にこじんまりしていて、半日の観光で充分です。ですからシエナから日帰りできます。





(SIENA)シエナ
(MONTEPULCIANO)モンテプルチャーノ


美しきイタリア・トップ