美しきイタリア
AFFASCINANTE ITALIA
オルヴィエートとその周辺編
ORVIETO E DINTORNO

サン・パトリツィオの井戸から仰ぐ空

ローマとフィレンツェの間にある丘の上の街オルヴィエート。
ワイン好きな人なら一度は耳にしたことがあるかもしれません。
白ワインで非常に有名な街です。
起源はエトルリアというからかなり古い街です。
ローマから近いためか教皇領としての歴史も比較的長いです。
街自体は非常に小ぢんまりしていて、きっとローマからの日帰りで十分堪能できます。
街の中心はもちろんドゥオーモがあるドゥオーモ広場。
オルヴィエートのドゥオーモはイタリアでも有数と言われるほど美しいロマネスク−ゴシック様式。
広場に建ち上がる壮大なドゥオーモの全体像を写真に収めるのはまた難しい。
13世紀の終わりに始まって1600年代にようやく完成したという傑作です。
オルヴィエートは丘の上の街。下の国鉄駅からアクセスする場合にはケーブルカーを利用します。
そのケーブルカーの到着駅から正面の坂を上っていくとドゥオーモ広場ですが、
駅から右手に向かっていくと「サン・パトリツィオの井戸」とよばれるものがあります。

オルヴィエートの周辺は車があったら色々面白い所へ足を伸ばせそうです。


サトゥルニア (SATURNIA)

ボマルツォ (BOMARZO)

マルモレ (MARMORE)

チヴィタ・ディ・バニョレッジョ (CIVITA' DI BAGNIOREGIO)
バニャイア(BAGNAIA)
ホテル・ロカンダ・ロザーティ (LOCANDA ROSATI)

 

オルヴィエートの丘の上に聳え立つ
ロマネスク−ゴシック様式のドゥオーモ

内部は三身廊で
右翼廊から続く「サン・ファブリツィオの礼拝堂」には
ルカ・シニョレッリの大作フレスコ画。
題材は「黙示録」。

ドゥオーモ正面の柱にも
見事な浮き彫りが施されています。
正面向かって右側には「最後の審判」。

ドゥオーモの裏側から見上げた感じ

ドゥオーモ広場からケーブルカー駅までの
道々は白ワインを売るお店と
歴史漂う建物がひっそりと立ち並んでいます。

 ケーブルカー駅周辺から下界を望む

 ケーブルカー駅の横にある公園の噴水
風が吹くと崩れちゃうけど
きのこみたいで可愛らしい。

1527年に起きたローマの略奪で
ローマ・ヴァチカンを後にして避難した
教皇クレメンス七世。
彼の命で水源確保のために掘られた井戸が
「サン・パトリツィオの井戸」。

 深さは62メートルで
上りと下りがすれ違うことのない二重螺旋階段。
井戸の底まで降りていくと
ひんやりとした湿気とともに
歴史の鼓動が伝わってきます。
建築家サン・ガッロの作品。

   
   
   

バニャイア(BAGNAIA)

Villa di Lante a Bagnaia
オルヴィエートというよりヴィテルヴォから近い。
なんの変哲もない小さな古い街の上に
ヴィニョーラ設計のランテの別荘が残っています。
ここのイタリア式庭園は見事。
基本的に写真撮影は禁止です。

内緒で撮影しているので
ちょっと見にくいイタリア式庭園

ローマ周辺ではティボリの噴水が有名ですが、
イタリア式庭園では水の遊びが豊富なのも特徴。

   
   
   

ロカンダ・ロザーティ(LOCANDA ROSATI)

LOCANDA ROSATI
Loc.Buonviaggio, 22
05018 Orvieto
www.locandarosati.orvieto.tr.it

 

 
 LOCANDA ROSATIの広い庭
2002年8月12日
この庭に宿泊客が集まって
満天の星空を見上げました
都会の喧騒をサッパリ洗い流せるところです
その夜ここで7つの流れ星を見つけました
 
  CAMERA"TASSO"
「アナグマ」の部屋
 CAMERA "CANE"
「イヌ」と名づけられた部屋
 
 
オルヴィエートの街から少し離れていますが、
静かな山の途中にあるアグリツーリズモ形式のホテル。
ネットで探し当てた四つ星のアグリツーリズモ。
家庭的な雰囲気とのどかな時間の流れがとても気に入りました。
部屋数は10。どの部屋も森の生き物の名前がつけられています。

2食付きツインルームで
2002年夏一人あたま75,00ユーロ
抜けるように青い空とは
こういう状態をいうのだろうなぁと
ぼんやり考えながら

例に漏れずプール付きです。
左の写真のくぼみの部分にひっそりと水面が横たわっているのでした。
宿泊客は常連さんや長期逗留の方が多くて和気藹々。
広すぎるくらいの庭では卓球もできるし
必要ならインターネットもOK。
夜は庭のベンチに腰掛けて空を見上げるとほんの5分くらいで流れ星を発見。

自然の中で暮らすというのは体にいいことなんだわと実感できるところです。
夜になると虫の鳴き声くらいしか聞こえない静けさ。たまにはいいものです。
一応ホテルで飼われているというメス猫。
いつも庭で何かを狙っている姿ばかり…。

LOCANDA ROSATIから
車で5分くらいのところにある松並木
広大な農作地が延々と続きます


美しきイタリア・トップ